FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれから・・・
皆様、こんにちは
久しぶりすぎる登場のグリコです

今日は3月11日・・・
あの地震から1年がたちました。
あの地震は、私たちの生活を大きく変えるものでした。
忘れないとよく聞きますが、365日の1日だって忘れたことはなく、今でも鮮明に覚えています。
あの日、私は出産をし、ちょうど退院の日でした。
退院してきてすぐ、あの地震がきました。
生まれたばかりのわが子を守るのに必死で、揺れがおさまった時には、腰が抜けて立てないほどでした。
お店は小名浜で海の近いところにあるので、家でテレビで地震の、津波の様子が映っていた時には、店が心配でした。
電話もメールも通じなくなっていたので、旦那に行ってもらい逃げるように伝えてもらいました。
後から分かったのですが、近くまで津波は来ていたようです。
その後、水も止まってしまいました。

店は、水がでたと同時に再開をし、たくさんの人に支えられながら、今日まで来ました。
この1年間、皆様の応援・支援のおかげでやってこれました。

ありがとうございます。その言葉だけじゃ足りないほど、感謝しています。


この日はきっと、今後一生忘れることはないと思います。
今でも、テレビで震災の映像や、被災した方々の番組を見ると胸が詰まります。

まだまだ、復興したとは言えない状態ですが、ゆっくり前を向いて進んでいきたいと思います。

先日、息子が1歳になりました
人を手助けできるような子になってもらいたいと願います


感謝をこめて、グリコでした。

次は、チーズさんのあいさつです。


 いつも見てくださっているみなさま、おひさしぶりです

この一年は本当にあっという間にすぎてしまいましたが、今も変わらずこの場所で
お店を開けていられることに感謝したいと思います。

あの日地震があってから、普段は当たり前だと思っていたこと、ものが
全てそうではないのだと感じさせられました。

お店の中は棚から落ちたものが割れたり、商品が落ちたりで済みましたが
津波がすぐ近くまで来ていたことはあとから知ったので、もしお店まできていたら
と思うと、今ここにいることが奇跡のように感じます。

私が、遠くに住む実家の家族の安否を確認できたのは4日後でした。

その間ニュースで何か情報がないかと地震、津波の映像をみるたびに、
嫌な考えと、大丈夫、と言い聞かせるような思いでいっぱいでした。

実家は家族も家も無事で、町は壊滅状態でしたが、帰るたびに復旧していく町の
様子をみると少しずつですが前進しているんだと感じます。


震災を思い返すと、今でも不安だった気持ちや沈んだ感情が思い出されますが
周りの人に感謝しつつ、前を向いて歩いていこうと思います。
すいません、ちょっと暗くなりましたがチーズでした

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。